サニーレタス・サンチュの種まきをしました

 

サニーレタス・サンチュの種まきをしました。

4月9日に、サニーレタス・サンチュを、ジフィーポット水でふくらむタネまき土ポット(ジフィーセブン)に種まきしました。

例年は4月下旬ころにタネを直接畑にばらまいて、発芽して育ったものから移植していました。が、せっかく購入したこのジフィー兄弟2つを使いきりたく、一部を試しにまいてみたのです。

それに室内育苗ならいつもより早い時期に移植もできて、収穫も早めることができるので。

 

1、2日でもう発芽した。

 

数粒ずつまいて、次の日。水やりで流れてしまったのか、タネが土から見えていたり、下に落ちてしまっているのも何個かあり。

・・・・ん?よく見ると、タネの端から綿毛みたいなものを発見。

そして 次の日にはもう発芽してました。すごい、葉物系すごい、おそるべし生命力。
発泡スチロールのそこに落ちた種も、発芽。植物って本当にスゴイ。

 

 

4月15日、全て1本立ちにして育苗中。
なんかひょろっとしている気がするけれど、目を背けることにする。
気にしない、気にしない。気にしなーい。

 

 

サニーレタス・サンチュはコスパ高い

 

どちらも本当に簡単にできる。(今回の育苗が成功するかはわからないけれど、今までの経験上、畑にバラまいたら必ずたくさんできる。いざとなったら苗で買っても良し。

 

しかも収穫は、葉っぱが大きくなるたびに使う分だけ外側からかきとって食べるから、結構な長い時間、楽しむことができます。

また、サニーレタスは柔らかくておいしく、サンチュはお肉にまいて食べるほかに、サラダにしても結構おいしい。個人的にポテトサラダを包んで食べるのも好きです。


 

 



人気ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!!




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA