とうもろこしの育苗比較

 

5月18日ジフィーセブンを使って苗づくりをしたとうきび

品種は恵味ゴールド、初めて挑戦します。

 

育苗方法、1つは窓際での育苗。もう1つは、での育苗です。

1週間後の様子を比べてみました。

 

とうもろこし、ジフィーセブンでの育苗の様子

 

5月25日とうもろこし育苗の様子。(種まきから1週間後)

 

窓際での育苗

透明トレイに、ふわっとビニールをかけています。

土が乾いたら適度に水やり。

 

畑での育苗

数か所にを開けた発泡スチロールを土に埋め、その中にジフィーセブンをIN。

保温の為、を開けたビニールトンネルと、不織布トンネルをかけています。

油断していると土が乾いているので、こまめに畑に行き、見るようにしています。

 

 

・・・・窓際での育苗、成長が早い!!

 

 

育苗期間に寒い日が続いたもあるのかな??

 

安定して暖かい自宅窓際での育苗の方が早かったです。

唯一心配なのは、窓際では、日光浴時間が限られてしまうという事。

暖かくなれば、外に置いて日光を当ててあげたいと思います。

 

 

窓際とうきび、実は種まき4日後

こんな感じで発芽していましたっ、早っ。

 

白い根。これだけ根が伸びるんですねっ。行き場がなくてかわいそう。

 

30ミリと42ミリのジフィーセブンで育苗中ですが、今のところNo problem。

というわけで、Let’s  ジフィーセブナー

 

ちなみに、ジフィーセブン使いすぎて損しているか気になったので、計算してみた。

ジフィーセブン:1個約25~35円

恵味ゴールド種:1個約 5円

化成肥料   :1株約20円(計算適当)  

 

とうもろこしは1個最低でも100円はするし。

恵味ゴールド等の珍しい品種だとそれ以上するので。

 

元は取れる。\(^o^)/

 

たとえ、半分しか成功しなかったとしても・・・。

 

元は取れる。\(^o^)/

 

というわけで、Let’s  ジフィーセブナー 

本当に使い勝手が良いんです。あまり汚れないしね。(*´з`)

 



人気ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!!




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA