ナスの育苗に悪戦苦闘中です。

 

今年は、ナスの育苗にチャレンジしています。

 

栽培品種はアレキサンドラ・ロッサビアンコ・うす皮味丸の3つ。

 

 

早くに畑に定植をしたら、枯れる

 

ジフィーセブン(32ミリ)とジフィーポット(5.5センチ)を利用したら、

もうすでになんだか窮屈そうに見えて・・・。

 

 

4月末、ちょっとこの状態で畑に植えてみたんですが、勿論まだ早く。

 

こんな風になっちゃった。。。(ノД`)・゜・。

 

強風でビニールがはがれて寒かったというのもあったのかな。

 

 

本葉が数枚で植え付けたナスは、かろうじて生きている

 

本葉が3-4枚のものも畑に植えてみたんですが、とりあえず生きてる。

植え付け時の本葉の数って結構大切なのかもしれません。。

 

 

というわけで、家での育苗も続けています。

種まきから約20日後。

ジフィーセブン(30ミリ)からジフィーポット(8センチ)に鉢上げ。

 

そしてジフィーポット(5.5センチ)からジフィーポット(8センチ)へ鉢上げ。

勿体ないの極み。(ノД`)・゜・。

 

でも鉢上げから約20日種まきから数えると約40日)。

今じゃこんなに大きくなりました。あともう少しで植え付けかな。(*´з`)

 

同様に、4月9日に種まきをしたうす皮味丸4月27日にジフィーポットへ鉢上げ。

 

 

ジフィーセブンは初期肥料が入っているので、20日以上育苗が続く場合は、液肥などをやれば良いとのこと。というわけで、ハイポネックスを利用しています。

 

ダイソーのペットポトルにつける給水キャップ、あれ良いですよ~。

 

 

そして思ったことがあります。

 

ジフィーポットの5.5センチ型は、葉物系に便利なのかもしれない。

が、葉物系は直まきの方が良いのかもしれない。

 

ジフィーセブンの30ミリは、実が付く野菜には小さいのかもしれない。

が、ジフィーポット(8センチ)に鉢上げするにはちょうど良い。

 

色々と勉強になります。(*´з`)



人気ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!!




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA