きゅうりの種まきをしました。

 

今年は水でふくらむタネまき土ポット以下ジフィーセブン)を活用中です。(*´з`)

ジフィーセブン(42ミリ)を買い、キュウリ(とゴーヤー)の種まきをしました。

(水でふくらむタネまき土ポットin楽天→ ジフィーセブン 42mm 48個入

 

そう、今年の目標は育苗です。

 

 

キュウリの種まきをしました。

 

4月21日、ジフィーセブン(42ミリ)にキュウリの種をまきました。

品種は夏すずみというもの。

 

 

ジフィーセブンを利用したのですが、育苗保温用の透明ケースが足りないわ!!となり、

急きょフタ・割りばし・透明マルチで簡易温床を作りました。

これを家の窓際において、育苗をスタートしますっ。

 

 

キュウリが発芽しました。

 

4月21日に植えてから1週間の間に、発芽が始まりました。

 

植えて約10日後には、もうこんなに双葉が大きくなりました。

 

気が付いたら、も結構はみ出てきました。

 

というわけで、4月30日、鉢上げをすることに。

 

ぐっと入れて、ぽんっと完了。

 

移し替えたポットも、そのまま畑に植えられるものです。

(そのまま植えられるポットin楽天→ ジフィーポット丸型 8cm 30個入

 

そもそも、鉢上げ自体不要なのかも?と思うけれど。

でも根が出てきちゃっているし。。。難しい。わからない。。。。

ただ、まだ畑には持っていけない。。。

 

そのままジフィーセブンに残しているキュウリもあるので、様子を見たいと思います。

 

ぐっと入れて、

ぽんっと完了。

 

 

ジフィーセブン、大と小を比べてみた。

 

ナスの種まき時、ジフィーセブン(小)を使用しました。

それが思ったよりもとっても小さかったのです。

それもあり、キュウリの種まきはジフィーセブン(大)で作ることにしました。

 

ちなみにサイズは(小)が30ミリで、(大)が42ミリ

膨らんだ状態で上から見ると、大きさがわかります。

 

高さは、あまり違いがないような気が。。。

 

 

ジフィーセブンに、鉢上げの必要があるのか。

 

どうなんだろう、そのまま植えられるって書いてあります。

が、なんか心配でナスキュウリもジフィーポットに鉢上げしました。

 

 

とりあえず、キュウリゴーヤーは、何個かジフィーセブン(42ミリ)の状態で、本葉3-4枚まで育ててみたいとは思います。

水やりの自信がないけれど、枯らしてしまいそうだけど頑張ります。

 

ただ、トウモロコシの育苗には、このポットすごく使えそうだな、と思っています。

5月中旬ころからは、トウモロコシの育苗を頑張ります。(*´з`)

 



人気ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!!




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA